UVケア化粧品の選び方 - 健やかマーケット



TOP > UVケア化粧品の選び方


【UVケア化粧品の選び方】

日焼け止めなどのUVケア化粧品、どのようにして選んでいますか?効果がありそうだから数値が高めのもの、なんて理由で選んでませんか?UVケア化粧品に表記されているSPFとPA。まずこれらの意味を理解する必要があります。

その前に紫外線には波長によりUV-A、UV-B、UV-Cの3種類があります。そしてUV-Cはオゾン層で吸収され地表に到達しないので考慮する必要はありません。(今のところは・・・)そしてUV-A、UV-Bの性質は以下のようになります。

・UV-A
地表に到達する紫外線のほとんどがこのUV-A。肌の深くに到達し、シワやたるみといった老化の原因となる。

・UV-B
ほとんどがオゾン層で吸収され一部が地表に到達する。肌の浅いところまでしか入り込まないが、炎症やシミ・ソバカスの原因となる。

上記のことを理解したうえでSPFとPAの意味は以下のようになります。

・SPF
Sun Protection Factor(サン・プロテクション・ファクター)の略でUV-Bを防止する効果をあらわす。数値1で20分日焼けを遅らせる(20分防止する)ことが基本になっている。例えばSPF30の場合、30×20(分)=600分、つまりUV-Bを10時間防止するという意味。ちなみに上限値は50でそれ以上の場合はSPF50+と表記する決まりになっています。

・PA
Protection Grade of UVA(プロテクション グレイド オブ UVA)の略でUV-Aを防止する効果をあらわす。+記号で3段階に分かれる。

・PA+・・・効果がある
・PA++・・・かなり効果がある
・PA+++・・・非常に効果がある

以上のような意味がわかったところでどれを選べばよいかということになりますが、一応の目安を示しておきます。

・海・山など・・・SPF40以上、PA+++
・ちょっとした屋外でのスポーツやレジャー・・・SPF20〜30、PA++
・日常生活・・・SPF10〜20、PA+

一概には言えませんが、効果が高いものほどいろいろな成分を使っていたり、成分量が多かったりとお肌への負担が大きくなります。ですので状況に応じて使い分けることが大切です。また数値の効果は理論値であり個人差がありますし、汗などで落ちてしまうとそれだけの効果が期待できませんのでこまめに塗りなおしましょう。

あと指定された量よりかなり少なめに塗っている方が多いです。これもきちんと決められた量を塗らなければ効果も期待できなくなりますので適量を塗るようにしましょう。





▲このページの先頭に戻る








当サイトは販売者との提携により商品を販売しております。
従いまして、サイト運営人と販売者ではお問い合わせ先が異なりますのでご注意下さい。

サイト上の表記などサイト運営に関するご意見・ご質問はサイト運営者へのお問合せ

商品に関するご質問はお買物についてのお問合せよりご連絡ください。

※ 販売者概要や特定商取引法に基づく表記につきましてはカート画面内に表示されますのでそちらでご確認下さい。


Copyright © 健やかマーケット 2014