加湿器の種類 - 健やかマーケット



TOP > 加湿器の種類


【加湿器の種類】

秋、冬などの乾燥時期に活躍する加湿器。種類は大きく分けてスチーム式、気化式、超音波式の3つのタイプがあります。ちなみに、由来や定義は定かではありませんが、「かしつき」の表記はメーカーにより「加湿器」(東芝、日立、サンヨー)と「加湿機」(パナソニック、三菱、シャープ)のように分かれています。

・スチーム式
ヒーターで水を加熱し、沸騰させてその蒸気で加湿します。やかんの原理と一緒です。即効性があって、加湿のパワーも強く、沸騰させた蒸気なので衛生的。しかし、他のタイプに比べ消費電力が大きく、吹き出し口に熱をもつので取り扱いには注意が必要です。また、蒸発皿に水アカが溜まることがあるのでこまめな掃除が必要になります。割と短い時間しか使わない人にオススメです。

・気化式
水を含んだスポンジ状のフィルターにファンで空気を送って気化させる方式です。消費電力が少なく、ヒーターを使用しないので吹き出し口が熱くなることもありませんが、加湿力は弱く定期的な掃除やフィルター交換が必要です。(最近はフィルター交換不要のものもあります。)長時間使う人にオススメです。

・超音波式
水を超音波によって細かな粒子にして放出します。霧吹きのようなイメージです。加湿力は強く、消費電力も少なく済みますが、タンク内に溜まっているものをすべて放出するため、不衛生な場合には雑菌なども放出されたり、水中のミネラル成分が析出して白い粉が発生する場合もあります。内部構造をコンパクトにできるのでスタイリッシュなものが多く、デザインにこだわる人にオススメです。

また、最近は気化式をベースにして状況に応じて送風の温度を変え加湿量をコントロールするハイブリッド式も販売されていて、スチーム式と気化式の中間的な位置づけになっています。エコにも気を配りながら、時にはすばやく、時にはゆっくりなど加湿量をコントロールしたい方にオススメです。





▲このページの先頭に戻る








当サイトは販売者との提携により商品を販売しております。
従いまして、サイト運営人と販売者ではお問い合わせ先が異なりますのでご注意下さい。

サイト上の表記などサイト運営に関するご意見・ご質問はサイト運営者へのお問合せ

商品に関するご質問はお買物についてのお問合せよりご連絡ください。

※ 販売者概要や特定商取引法に基づく表記につきましてはカート画面内に表示されますのでそちらでご確認下さい。


Copyright © 健やかマーケット 2014